So-net無料ブログ作成
観光・グルメ・雑記 ブログトップ
前の10件 | -

新宿駅南口周辺 [観光・グルメ・雑記]

久しぶりの新宿南口周辺。霧の中で浦島太郎状態になりました(^Д^)。

南口の他に、いつの間にか新南口というのもできていたのですね。。

何やら幻想的で非現実的な光景を眺めながらウロウロしていたら・・

新宿2.jpg新宿1.jpg

有名人のスタンド花が並んでいる現実的なお店の前に出ました(*゚∀゚*)。

「ブランド王ロイヤル」というのは、いわゆる質屋さんなのでしょうか。

右下の掲示がやたらと気になりますが、試してみる勇気はありません[ふらふら]

オッティモ6.jpg新宿3.jpg

近くで「トイ・ストーリー」に関するイベントも開催中でした。(窓を開いてSNS

に投稿するとディズニーランドのチケットが当たるとか何とか)。目的地は右下の

植栽の先にうっすら見える「オッティモ・シーフードガーデン」というお店です。

新宿4.jpg新宿5.jpg

雨の日でもガラス張りの店舗は雰囲気があって素敵でした。


オッティモ3.jpgオッティモ2.jpg

この先は、やや湿っぽい話になりますが。


nice!(14)  コメント(4) 

大凧と富士塚~神殿見学番外編 [観光・グルメ・雑記]

※今回でこのシリーズは終わりです。引っ張ってスミマセン!

首都圏外郭放水路は、倉松川や中川などの中小河川の氾濫を未然に防いで

江戸川に流します。雨の翌日だったこの日も、旧倉松川(右下)や中川は

濁流でタプタプしていました。(左下は屋外展示されていたものです。)

0626シールドマシン面盤.jpg0626川.jpg

映画「翔んで埼玉」では江戸川を挟んで千葉が大漁旗、埼玉が大凧を掲げて
戦うのですが、ここ春日部市(旧・庄和町)の西宝珠花は「大凧あげ祭り」と
いう行事で有名な所なのです(*^O^*)。
0626大凧会場.jpg0626宝珠花2.jpg
2010年にこの土手で見物した時にはアクシデントで大凧はあがらず、実物が
常設展示されている「大凧会館」を見学したり、土手沿いにある富士塚に登ったり
して帰りました。(左下が当時の館内の写真。右下は国道沿いにある大凧の目印)


今回外郭放水路を見学した後に、久しぶりに近くにあるはずの大凧会館に立ち

寄ろうとしましたが見つかりません。給油がてらガソリンスタンドで尋ねると

「もう、ないです。」との答えが・・[がく~(落胆した顔)]

見学した翌年の2011年、東日本大震災で被災し閉館してしまって今では公園に

なっているそうです。全く知らなくてショック・・。(地図も古かったので。)

気を取り直して、まだ健在だという土手沿いの富士塚へ向かいました。

0626宝珠花神社.jpg0626富士塚3.jpg

この立派な富士塚は宝珠花(ほうしゅばな)神社という所にあります。

9年で子供は成人し私は横に成長するなど、容赦ない時の流れを感じますが

9mの富士塚は相変わらずゴツゴツした険しい岩山のような良い眺めでした。

0626富士塚.jpg

土手から眺めた富士塚は緑に覆われています。草木も成長したかな?(^-^*)

0626富士塚5.jpg

nice!(36)  コメント(8) 

春日部神殿見学ツアー・その2 [観光・グルメ・雑記]

(※前回の「首都圏外郭放水路・地下神殿コース」見学の続きです)

施設についての説明を受けた後、コンシェルジュの誘導に従って建物の外へ。

0626多目的広場サッカー場.jpg0626調圧水槽入口.jpg

何と地下神殿(=調圧水槽)は、多目的広場のサッカー場の下にあるのでした。

右上がその入口。ここから100段以上ある階段(下の画像)を降りていくと・・

0626調圧水槽3.jpg

おおっ!写真で見たとおりの巨大な地下神殿が現われました(*^O^*)。

0626調圧水槽2.jpg

長さ177m×幅78m、高さ18mの調圧水槽を、重さ500トンの柱59本で

支えているそうです。水たまりやうっすらかかる靄が幻想的な雰囲気を

を醸し出していて、確かにそのまま映画のセットに使えそうな光景です。

0626神殿1.jpg

右下に人が写っています。柱は円形でなく扁平な形なのですね。

この施設ができてから周辺の浸水被害は激減したそうです。

埼玉県民はアサリの養殖をする為にトンネルを掘っていた訳ではない!

(というのは映画を見た方しか意味がわからないと思いますが・・)

ツアー参加者15名中、映画「翔んで埼玉」を見たのはたったの2名で、

コンシェルジュが説明しながらちょっとがっかりしていましたヨ。[もうやだ~(悲しい顔)]

0626神殿2.jpg0626神殿3.jpg

他にも仮面ライダーなどヒーローものの撮影によく使われているそうですが、

重い機材を抱えて狭い階段を降りたり、ここで格闘するのは結構大変そうです。

見学者が歩いたり撮影できる所は限られていて、そこだけはその都度手作業で、

それ以外は年に1度ブルドーザーを降ろし土砂を取り除いているとの事でした。

0626調圧水槽.jpg

先程の階段を登って一旦地上に出て、その先にある立坑にも入ります。

この先は高所恐怖症の方はご注意下さい(m--m)。


nice!(38)  コメント(12) 

春日部神殿見学ツアー・その1 [観光・グルメ・雑記]

映画「翔んで埼玉」に登場する埼玉解放戦線のアジト、通称「春日部神殿」

が実在することを皆様はご存じだろうか。それはサンダーバードのごとく、

春日部の雑木林や田んぼの中にひっそりと佇む秘密基地なのだった・・。

0626景色1.jpg0626景色.jpg

というのは冗談で、洪水対策のための公共施設「首都圏外郭放水路」の調圧水槽

が「地下神殿」のように見えることから、しばしば映画やドラマの撮影に使われ

ているのです。数年前から行ってみたいなあと思っていたのですが・・

0626正式名称.jpg0626龍Q館.jpg

3月から見学コースが増え、ネット予約も簡単にできるようになりました。

詳細はこちらをご覧下さい。→  https://www.gaikaku.jp/

0626ポスター.jpg

続きを読む


nice!(23)  コメント(3) 

神保町の記憶と建築探訪 [観光・グルメ・雑記]

神田神保町の古書店街に行ったのは高校生の頃だったか、文学史で知って

読んでみたくなったノヴァリスの「青い花」が近くの書店になくて、方々

探し歩いたのが最初だったような気がします。(画像と文章は無関係です)

0529文房堂.jpg

大学生になって初めてアルバイトをしたのも神保町の大型書店でした。

開店前に本棚にはたきをかけ自動ドアのガラスを磨き、長時間レジ打ち。

雨の日でも本館裏口から裏道を抜けて別館まで本を受け取りに走ったり、

休憩中もブックカバーにする紙を折ったりと、張り切りすぎて疲弊して

間もなく辞めてしまったという苦い思い出があります。それ以来近づか

ないようにしていましたが、再編されてすっかり様変わりしていました。

0529元相互銀行日本タイ協会2.jpg0529元相互銀行日本タイ協会.jpg

(日本タイ協会が入っているらしい、元相互銀行の建物↑)

続きを読む


nice!(44)  コメント(14) 

おからパウダー [観光・グルメ・雑記]

散歩中に見かけた樹木。枝先がワ~ッと白くなっていて目立ちます。

052204.jpg

アップで撮っても白いのが葉っぱか花か、よくわかりません・・。

052205.jpg

向かい側には勢いよく枝を伸ばしたモミジ。

052201.jpg

今年もバイカウツギがたくさん蕾をつけているので楽しみです。虫がいるな。

052203.jpg052202baikautugi.jpg

「おからパウダー」※と「食後3時間は何も食べない(笑)ダイエット」を

合わせて実行中です。気のせいか、爆食いが減って体調が良いような?

結局は外食や間食を減らして地道に運動するのがよいのでしょうけどね。。

※「キッコーマンの豆乳おからパウダー」(スーパーで200円)を味噌汁に

入れると粉っぽさも無くけんちん汁風味になって個人的には気に入っています。

nice!(28)  コメント(4) 

イングリッシュガーデン ローズカフェ [観光・グルメ・雑記]

国分寺散歩の終点は「イングリッシュガーデン ローズカフェ」という所です。

こちらの薔薇が満開になる日を去年から楽しみにしていたのでした。今日の

風雨で被害を受けなかったか心配ですが・・。http://rose.cafe.coocan.jp/ 

0515RG14.jpg0515RG18.jpg

2002年にオーナーが自宅マンションの庭を開放してカフェを始め、

600種類700本の薔薇を独学で栽培されたのだそうです。すごい!

(追記:上記のHPでは「200種以上」となっています。)

0515RG10.jpg0515RG16.jpg

テラス席のテーブルや椅子も薔薇で覆われていました。(画像は5月半ばです)

0515RG12.jpg

国分寺崖線という高台にあって見晴らしが良く、富士山も見えるそうです。

0515RG19.jpg0515RG8.jpg0515RG11.jpg0515RG13.jpg

この時期のランチには予約が必要で行列もできると聞いていたので、比較的空いて

いる夕方近くに見学だけすることに。店内にはお客さんがたくさんいましたが、

庭を歩いているのは3、4人。ゆっくり見て回ることができました。

0515RG4.jpg

大満開のローズガーデンの続きはこちらへ。↓


nice!(40)  コメント(13) 

KURUMED COFFEE [観光・グルメ・雑記]

西国分寺駅から徒歩1分の所にあるKURUMED COFFEE(クルミドコーヒー)。

有名らしいのですが、初めて訪問させて頂きました。https://kurumed.jp/ 

0515KC10.jpg

1本のクルミの木に見立てたというこのお店。大樹の洞の中にいる様な

不思議な安堵感と、森に作られた秘密基地のワクワク感があります。

0515KC4.jpg0515KC7.jpg

0515KC9.jpg0515KC1.jpg

小かごに入ったクルミは、きのこ型のクルミ割りで自由に割って食べることが

できます。レアチーズケーキにレモンハチミツと砕いたナッツをたっぷりかけて

ほおばると、自分も食い意地の張ったリスになったような気がしてきます。。

伝票代わりの木製小物も温もりがあって愛らしく、ほっとさせてくれます。

0515KC12.jpg0515KC0.jpg

わずかに苦みのあるクルミドコーヒー、ハーブ入りバンズを用いた具だくさん

のポテトサンド等、どれも丁寧に作られていて美味しかったです。

自然の恵みを頂く有難さが感じられて、手を合わせて「ごちそう様です」と

つぶやいてしまいました(^^)。

0515KC00.jpg0515KC11.jpg

ゆったり接して下さる店員さんの笑顔や、ミニチュアの陳列スペース、

クルミに関する絵本などが置いてある本棚も印象的でした。

0515KC5.jpg0515KC000.jpg

以前ブログで取り上げたことがあるお気に入りのしかけ絵本「くるみ割り人形」

が飾られていたのも嬉しかったです。

くるみ割り人形 (ぶたいしかけえほん)

くるみ割り人形 (ぶたいしかけえほん)

  • 作者: ロクサヌ・マリー ギャイエ
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2015/10/20
  • メディア: 単行本

    


nice!(32)  コメント(8) 

上野動物園のシャンシャン [観光・グルメ・雑記]

東京都美術館に行く途中で上野動物園の方を見ると、珍しく園外に行列がない!

小雨がパラつく平日の13時、今ならあまり待たずにパンダのシャンシャンを

拝めるかも・・と急遽寄り道をする事に。(連休中は混むだろうし仕事だし[もうやだ~(悲しい顔)]

[バッド(下向き矢印)]園内から見た都美術館の裏側(ここから行けたらいいのに)と動物園の看板。

0424東京都美術館裏.jpg0424シャンシャン3.jpg

表門の内側にはさすがに行列がありましたが、15分ほどでパンダ舎に入れました。

ジャイアントパンダは大熊猫と書くのですね♪(ネコ目又は食肉目のクマ科)

0424パンダ舎2.jpg0424パンダ舎.jpg

丸々として愛らしいシャンシャンの後ろ姿。見返り美人はもうすぐ2歳になるのね。。

0424シャンシャン1.jpg0424シャンシャン2.jpg

竹を食んでいるお母さんシンシンは、背中のたるみ具合が着ぐるみのよう。まさか

モニタリングの近藤春菜パンダじゃないよね? 何をしていても癒やし系(^0^)。

0424ぱんだ2.jpg0424パンダ3.jpg

やや影が薄いお昼寝中のお父さんリーリー。と肉球の解説。係の方が20㎝位の

ダンゴ状のパンダのフンを持ち、食べ物による臭いの違いを教えてくれました。

近づいてこわごわ嗅いでみると、そのまんま草と竹の良い香りがしました。

ぱんだ10424.jpg0424パンダ肉球.jpg

折角来たので東園をぐるっと回ってみました。パンダと配色が似ているお猿さん、

アビシニアコロブス(左下)他、「ツーショット写真で見る愛のカタチ[ハートたち(複数ハート)]」。

0424アビシニアコロブス.jpg0424saru.jpg

      シロフクロウ         プレーリードッグ

0424フクロウ.jpg0424プレーリードッグ.jpg

アジアゾウにホッキョクグマ・・

0424象.jpg0424北極グマ2.jpg0424北極グマ1.jpg

ねこカフェには絶対いないネコ科の面々。(スマトラトラとインドライオン)

トラの背中の模様がスプレーで落書きした顔みたいで面白いです(^-^*)。

0424トラ.jpg0424ライオン.jpg

上野動物園に来たのは15年ぶりくらいで、嬉しくていろいろ撮ってしまいました。

        極彩色のキジ             タンチョウヅル

0424キジ.jpg0424ツル.jpg

建物いろいろ。平成19年タイ政府から贈呈されたタイ風東屋「サーラータイ」。

0424tai.jpg

江戸時代初期に藤堂高虎が建て、明治になって再建された茶室「閑々亭」に

0424閑々亭.jpg0424閑々亭2.jpg

動物園の中にあるのが不思議な感じがする、立派な旧寛永寺の五重塔。

上野動物園は明治15年にできた日本最古の動物園なのですね。

0424東照宮3.jpg0424五重塔4.jpg

この後東照宮とぼたん園にも足を伸ばしてしまったので、次回に続きます。。

※写真整理のため異常な頻度で記事の更新をしており、ご訪問が遅れています。

 後日、ゆっくりお伺いさせて頂きますネ(m^^m)。

nice!(24)  コメント(4) 

猫家さん [観光・グルメ・雑記]

お猫様の魅力にすっかり取り憑かれてしまった私。この度、新規開拓しようと
JR大宮駅徒歩5分の所にあるねこカフェ「猫家」さんを訪問させて頂きました。
041716.jpg041717.jpg

続きを読む


nice!(40)  コメント(11) 
前の10件 | - 観光・グルメ・雑記 ブログトップ