So-net無料ブログ作成
アート ブログトップ

乃木坂のガラスとウィーン・モダン展 [アート]

青空や向かい側の建物が映り込んだガラスの壁面を眺めるのが好きです。

安全性や熱効率、掃除の大変さを考えるとどうなんだろうと思いますが、

多分いろいろと改良されているのでしょう・・[ビル]

0612六本木.jpg0612六本木2.jpg

国立新美術館の全面ガラス張りのファサードや空中レストランも地震などの時

大丈夫かと心配でしたが、日本免震構造協会・作品賞をもらっているのですね。

0612国立新.jpg0612国立新3.jpg

ベネチアビエンナーレや京都で話題になった吉岡徳仁さんの「ガラスの茶室ー光庵」

も期間限定で国立新美術館前庭に設置され、美術館の建物とのコラボを楽しめます。

(吉岡徳仁さんは2020年東京五輪の桜型トーチをデザインされた方です。)

※光庵についてはこちらをご覧下さい。http://www.nact.jp/2019/chashitsu/


0612光庵.jpg0612光庵1.jpg

降り注ぐ太陽の光が虹となり花となる、風通しの良いコンパクト&シンプル

な茶室。ルーブル美術館前のガラスのピラミッドをちょっと思い出しました。

今度は是非、晴れた日に光が反射する所を撮影してみたいです(*^O^*)。左下の

ガラスのベンチ「Water Block」(オルセー美術館所蔵)も展示されています。

0612光庵ベンチ.jpg0612光庵・吉岡徳仁.jpg

ウィーン・モダン展、良かったです!の続きはこちらへ


nice!(40)  コメント(8) 

クリスチャン・ボルタンスキー展 [アート]

国立新美術館でクリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が始まりました。

自己や他者の記憶にまつわる作品、光を用いたインスタレーションや、

人間の存在の痕跡などをテーマに世界中で作品を発表している、現代を

代表するアーティストです(←フライヤーより抜粋しました)。

0612ボルタンスキー屋外看板.jpg

2016年に東京都庭園美術館で鑑賞して衝撃を受け、去年の妻有トリエン
ナーレで見逃した作品もあったので、今回の展示を楽しみにしていました。
0612ボルタンスキーフライヤー.jpg

続きを読む


nice!(30)  コメント(2) 

装丁万華鏡 [アート]

0529装丁.jpg

神田錦町にある株式会社竹尾さんの見本帖本店に行きました。

店内は実際はもっと明るく真っ白で、美しいです↓。

0529装丁3.jpg0529装丁1.jpg

0529装丁8.jpg0529装丁4.jpg

竹尾さんは1899年創業の紙の専門商社で、本社に隣接した見本帖本店の2階では

『紙をめぐるさまざまなテーマのもと、多様な切り口で紙の可能性を探る展示を

企画』されており、6/7までは「装丁万華鏡」という展示を見ることができます。

装丁万華鏡展とは・・・?


nice!(36)  コメント(8) 

続・DIC美術館&贅沢バーガー [アート]

(※前回からの続きです)

DIC川村記念美術館のエントランスは塔型サイロのような形になっていて、その

部分の天井やステンドグラスが美しかったのですが、撮影禁止でした(><)。

左下の巨大な椅子は清水久兵衛の「朱甲面」、右下の金属もフランク・ステラの

「リュネヴィル」というれっきとした屋外彫刻作品です。

DIC22.jpgDIC12.jpg

コレクション展は定期的に入れ替わるそうで、モネ、ルノワール、シャガール、

ピカソ、キスリング、マグリット、カンディンスキー、マン・レイなど錚錚たる

画家の作品が多数展示されていました。マーク・ロスコの部屋、前述のフランク

ステラの巨大絵画の数々にも圧倒されます。

DIC20.jpg

特別展はジョゼフ・コーネルのコラージュやモンタージュ作品でした。

古書店や雑貨店で求めたお気に入りの品々を手製の箱に収めたシリーズや、

ポスターになった「踊るタマラ・トゥマノヴァのコラージュ」にも惹かれ

ました。こんな風に好きなものを寄せ集めて作品にするのは楽しそうです。

DICフライヤー.jpgDIC14.jpg

展示室奥のお茶席で頂けるのは、コーネルの箱作品をモチーフにした錦玉羹

「星の箱」(右上、行きそびれました[ふらふら]。)上記のポスターやフライヤー、

コレクションはこちらで見られます。http://kawamura-museum.dic.co.jp/

DICみやげ2.jpgmiyage1.jpg

左上の紙製ケースに入ったポストカードセットと、コーネルが影響を受けたと

いうマックス・エルンストのコラージュ小説「百頭女」の文庫本をおみやげに

購入しました。なかなかシュールでディープな世界です。

百頭女 (河出文庫)

百頭女 (河出文庫)

  • 作者: マックス エルンスト
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 1996/03/04
  • メディア: 文庫
美術館のキッチンカーでランチを買って芝生広場で食べようとレジャーシートも
持参したのですが、美術館行きのシャトルバスを待つ間、バス停前で肉の焼ける
匂いを漂わせている「バーガー・ヤチクロ」さんに息子が釘付けになってしまい・・
ヤチクロ1.jpgヤチクロ3.jpg
期間限定の「チャオクロバーガー」を注文することに。八千代の黒牛パテに自家製
アンチョビ入りピザソース&バジルソース、モッツァレラチーズ入りという一品で
付け合わせのポテトはトリュフ味です。側面から見たボリュームが半端ない!!
店員さん二人が注文を受けてから焼いているので、待っていたシャトルバスを更に
見送るという贅沢な時間の使い方をしてしまいました(^Д^)。美味しくて満腹に
なったので、まあいいか~。 https://twitter.com/yachikuro896
ヤチクロ5.jpgヤチクロ4.jpg

nice!(47)  コメント(13) 

DIC川村記念美術館 [アート]

連休でも混雑せず「電車やバスに長時間座って」日帰りで行ける場所・・

という息子Rの希望を考慮して「DIC川村記念美術館」に行ってきました。

DICシャトルバス.jpgDIC7.jpg

こちらはDIC(旧大日本インキ化学工業)の創業者である川村氏、2代目、3代目の
社長さんと関連会社が収集した近現代の美術品を公開している、日本でも有数の私立
美術館です。JR佐倉駅・京成佐倉駅と美術館を無料のシャトルバスが巡回しています。


DIC23.jpgDIC16.jpg

DICはかつて勤めていた会社の得意先でもあり、研究所を含め30ヘクタールと

いう広大な敷地内にある庭園や美術館にいつか行ってみたいと思っていました。

結局は家族サービスを装って趣味の美術館巡りをしているという・・(m--m)

DIC17.jpg

水辺には白鳥がいました。自然散策路も整備されていて、写真を撮りながら
てくてく歩くのは結構良い運動になります。
DIC白鳥.jpgDIC24.jpg

DIC26.jpgDIC25.jpg

しかし、世の中にはこんなに恵まれた環境でお仕事をされている方もいるの
ですね~。周りが田んぼという所だけは今の勤め先も同じだけど。。( ̄∇ ̄)

DIC11.jpgDIC13.jpg

芝生広場の中央にはヘンリー・ムーアの「ブロンズの形態」があり、その

その周りでシートを広げてランチを食べたり走っている人もいました。

DIC5.jpgDIC1.jpg

DIC4.jpgDIC18.jpgDIC10.jpgDIC6.jpg

(次回に続きます)

nice!(26) 

根津美術館の燕子花 [アート]

0501根津美術館.jpg0501根津美術館1.jpg

燕子花(かきつばた)が咲く時期に合わせて尾形光琳の燕子花図屏風を公開して

いる根津美術館。入口に行列ができていましたが、5分ほどで入館できました。

0501庭5.jpg0501庭6.jpg

この日(5/1)は小雨が降ったりやんだりというお天気。新緑が潤い、土の香りも

ほのかに漂っていて、こちらのお庭の散策に適しているように感じられました。

0501庭1.jpg0501庭2.jpg

高低差のある広いお庭の底に、お目当ての燕子花が咲いていました。

0501杜若3.jpg0501杜若4.jpg0501杜若2.jpg

規模は大きくないものの丁度満開だったようで、とても綺麗でした。

眺めの良いNEZUCAFEは混んでいて諦めましたが、お庭には趣のある

茶室や石畳、銅像・石像など撮りきれない程多くの見所があります。

0501像1.jpg0501像3.jpg0501像2.jpg

0501庭4.jpg0501庭3.jpg

館内では燕子花図屏風をはじめ、源氏物語図屏風、洛中洛外図屏風、

伊勢参宮図屏風や、中国の青銅器、美しい蒔絵硯箱や茶道具の数々も

拝見できて、大満足の見学となりました(*^O^*)。

nice!(40)  コメント(9) 

モロー展と旧新橋停車場 [アート]

パナソニック汐留美術館のギュスターヴ・モロー展に行きました。

0501モロー2.jpg0501モロー3.jpg

モローは19世紀後半にフランスで活躍した象徴主義の画家。聖書や神話の登場人物

を幻想的に描いた作品で知られており、妖しく神秘的な「出現」は大好きな作品です。

無垢でありながら艶めかしい乙女、男性を破滅させるサロメや海獣セイレーン、宝石

の様な色彩の衣、思いを遂げるために牡牛や白鳥に姿を変えた神に心を許した女性の

優しい眼差し・・等々、女性に焦点をあてた耽美な世界に浸ってきました。

今回は母や恋人など、実生活で関わりの深かった女性との交流を示す手紙や素描、

「出現」の為の習作や線描のデッサン、「モロー美術館(右上)(母と暮らし、

制作に没頭した家を世界初の国立の個人美術館として開館)」の内部の様子も

写真や動画で見られました。モロー美術館、行けるものなら行ってみたいです。

0501モノレール.jpg0501ショールーム.jpg

ところでパナソニック汐留美術館は、場所がわからず過去何度か挫折して

今回初めて到達しました。着いてみれば迷いようがない直線コース・・( ̄∇ ̄)

JR新橋駅から歩いてくる途中、浅草花やしきのジェットコースター並に建物の

近くを通るゆりかもめに驚いたり(右上は1Fのパナソニックのショールーム)、

4Fにある美術館から「旧新橋停車場」が見下ろせるのにも感動(お登りさん)。

0501鉄道3.jpg

旧新橋停車場は、明治5年に開業した日本初の停車場の駅舎やプラット

ホームを遺構を保護しつつ再建し、博物館にもなっているのですね。

0501鉄道1.jpg0501鉄道7.jpg

0501鉄道.jpg0501鉄道5.jpg

昭和11年には鉄道発祥の地の証・0哩(ゼロマイル)標識と3mの軌道が復元される

など、ここは鉄ちゃんの聖地なのでしょうか。何も知らずにオハズカシイ限りです。

0501鉄道6.jpg0501鉄道4.jpg

左下正面にはビアダイニングの「ライオン」が入っていたので、お子様ランチの

大人版の様な?盛りだくさんのランチを頂いて身も心も満たされました(^^)。

0501鉄道2.jpg0501ライオン.jpg

nice!(23)  コメント(5) 

クリムト展 [アート]

19世紀末ウィーンを代表する画家、グスタフ・クリムトの没後100年を記念し

東京都美術館で「クリムト展 ウィーンと日本1900」が開催されています。0424クリムト3.jpg

クリムトが描く多様な女性達、舞台の緞帳の下絵や装飾的な風景画、

「ベートーヴェン・フリーズ」の原寸大複製画による部屋の再現等

(↑これ、30年くらい前にもっと大規模なのを見た気がするけど)

盛りだくさんな展示で、過去最多の油彩画が集められたそうです。

       
       

この先は怖い話が苦手な方はパスして下さいね。


nice!(22)  コメント(6) 
アート ブログトップ